abingdon boys school(アビングドンボーイズスクール)の『abingdon boys school』というアルバム。
いやぁ〜、ほんとにずっとお勧め!ってのがなくて残念でした。
あれだけハマったEvanescence(エヴァネッセンス)も「Fallen(フォールン)」ほど「The Open Door(ザ・オープン・ドア)」は良くなかったし、ALEKSANDER WITH(アレクサンダー・ウィズ)もその後が聴こえてこないし。。。

で、最近曲探しというかいろいろアニメに採用されている曲がてっとり早いんで聴いてみた中で断然耳に残るサウンドがあって、誰ぞや??と調べたら初めて聞くバンド名・・・うむむ、若手の新人バンドにしてはできすぎてるぞともっと調べたら。。。

「abingdon boys school(アビングドンボーイズスクール)」ってT.M.Revolutionの西川貴教(にしかわ たかのり)を中心に結成されたバンドだったのね〜!
すみません、知りませんでしたm(__;)m
他のメンバーも実力派ぞろいだから心に響いたのだと改めて納得。
バリバリ(死語だが・・(^^;))ロックなんだけど、西川貴教のヴォーカルのツヤとのび、それぞれの音が絶妙にマッチングして非常に聞きやすい。
アルバム1枚を一気に聞ける感じ。

ちなみに彼らを知ったきっかけの曲はアニメ「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」のオープニング「HOWLING」

<視聴>
 

他にアニメ「D.Gray-man」のオープニング「INNOCENT SORROW」、プレイステーション3『FolksSoul -失われた伝承-』の主題歌「Nephilim」なども入っている。




やっと久々に何度も聴きたいアルバムに出会えてホッと一安心の今日この頃でありました。
なにせちまたではBEST版ブームだし、ヒット曲は出てもそのアーティストのアルバムはどうかというといまいちヒット曲のイメージに負けてしまってるのが多いからねぇ。。。(井戸端のオバチャンかい!)


収録アルバム『abingdon boys school
By music-wing | Time : 00:39 | CM : 0 | TB : 0
トラックバックURL :