SADE(シャーデー)の「Pearls(パールズ)」

Love Deluxe
Love Deluxe

私個人はハスキーヴォイスは苦手なほうだ。
何故か聞いていてこちらが息苦しくなるし、正直わざとかシャウトのしすぎかで潰れた声で無理無理歌われるのは聞いていて耳触りな人もいる。

SADE(シャーデー)はナイジェリア生まれのイギリス人女性ヴォーカリスト「シャーデー・アデュ一」の名前だが、正式にはバンドの名前だ。
前述したように苦手なハスキーヴォイスのはずなのだが、彼女の歌にはどっぷりと浸れる。

クールでいて時に暖かみのある切ない歌声は同じミュージシャン仲間からも愛されている彼女独自の世界が確立されているのだろう。

私個人が特にお勧めなのが「Pearls(パールズ)」で、私たちが当たり前のように平凡な日々を送っている今このとき、この同じ空の下で起こっている戦争の傷みを歌っている。
そういう傷みを押しつけがましくなく、それでいて深いところに染みこんでくる・・・そんな声だ。

まずは気軽にSADEに触れてみたいならベスト盤がいいだろう。

ザ・ベスト・オヴ・シャーデー

ザ・ベスト・オヴ・シャーデーSade

<「Pearls(パールズ)」の歌詞>
http://lyrics.astraweb.com/display/472/sade..best_of_sade..pearls.html

<試聴>


By music-wing | Time : 20:57 | CM : 0 | TB : 0
トラックバックURL :