Journey(ジャーニー)の「Open Arms(オープン・アームズ)」
最近では映画「海猿」にも使用された。車のCMなどいろんな場面で耳にしている人も多いだろう。
Journey - Greatest Hits
 このロックバンドの黄金期も80年代だろう。ヴォーカルのスティーヴ・ペリーの艶のある高音が特徴であった。 ロックバンドなのでたいがいはパワフルな曲が多いのだが、この「Open Arms」は今も尚いろんな場面で使用されるほど名作と言っていいバラードだと思う。
普通のバラードと違ってロックバンドならではのサビの盛り上がりにパワーを感じる。
他にも「Faithfully(フェイスフリー)」も有名だ。

もちろん他のノリノリナンバーもGood!
私個人のお勧めは「Separate Ways(セパレート・ウェイズ)」「Any Way You Want It(エニィ・ウェイ・ユー・ウォント・イット)」など。

しかし残念ながら(?)当時の彼らのミュージッククリップはちょっとダサくて笑える・・・と感じるのは私だけだろうか・・・まあ、あの時代のミュージッククリップ(特にロック系)はJourneyに限らず今見るとファッションやパフォーマンス、ストーリー設定がマンガチックであったからいたしかたないとは思うけれど・・・それが逆に80年代の味だ!と私が代わりに開き直っておこう。

<「Open Arms(オープン・アームズ)」の歌詞>
http://lyrics.astraweb.com/display/535/journey..escape..open_arms.html

<試聴>







By music-wing | Time : 21:29 | CM : 0 | TB : 0
トラックバックURL :