プロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」より「モンタギュー家とキャピュレット家」
ヴォーダフォンの携帯のCM曲。(最近ではフジテレビドラマ「のだめカンタービレ」にも使用。)



「ねぇ、聴いてるの?」
「すみません。聴いてませんでした。」
「予想外です。」
などという言葉が記憶に残るCMだけど、私は当初よりその会話のバックで流れている曲がどうにもなんの曲だったか思い出せずに毎回気になっていた。
聞き覚えのある曲なのに、題名とかは全然知らない!って曲って多いと思う。

<視聴>
 


クラシックといえば普通(?)たいがいの人が日常に縁のないジャンルのように思うが、意外と映画やドラマ、CMなどで聴き親しんでいる名曲は数知れない。

私も深くは聴かないジャンルだが、ポピュラーなクラシックは時々無性に聴きたくなったりする。やはりじわじわと感動的に盛り上がる曲が多いからか・・・
映画「プラトーン」に使用されたサミュエル・バーバー作「弦楽のためのアダージョ」や映画「2001年宇宙の旅」のリヒャルト・シュトラウス作「ツァラトゥストラはかく語りき」などは超有名である。




 

(以上、2曲は下記アルバムに収録)

classical ever!two millennium

<視聴>
 


今回紹介したアルバムにも聴いたことある〜と言う曲が多いと思う。
個人的には「アルビノーニのアダージョ」や「主よ,人の望みの喜びよ」がお勧め。

 


 

他にもお勧めのポピュラークラシックがあるがまたいずれ・・・

By music-wing | Time : 02:52 | CM : 0 | TB : 0